元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

新着情報

2019.03.15

今週3/11から3日間、英ポンドにとっての運命の週


3月14日21:30~22:00 ラジオNIKKEI第1「集まれトレーダーシンプルFXトレード」
今日の聴きどころ!

実際の放送内容は是非YOUTUBEオンデマンド、もしくはラジコ・タイムフリーでお聞きください。

大橋)西原宏一の視点です。やっぱりポンドですね。

西原)こちらの方のチャートを見ていただきたいんですが、これは先週みずほロンドンの本田さんに作っていただいたチャートです。
今週はポンドの運命を握る3日間というのがあります。

今日3月13日、日本時間だと14日早朝4時に合意なき離脱の是非を問う会員投票があってこれが否決されています。
で、この後明日の14日、離脱期限の延期申請を問う会員投票があるという流れになるんですけれども、今日ちょっと重要だったので一応復習します。
今日はニュースでも色々出ていたんですが No deal Brexitが否決される、だから合意無きお別れは嫌よというやつなんです。

大橋)これが最悪のシナリオと呼ばれていたやつですよね。

西原)そうですね、最初出ていた時にそれが312対308だったので結構ぎょっとしてですね、4票しか差がない。

大橋)No dealでもいいという議員はこんなにいたんだと思うと冷や汗かいちゃいますね。

西原)で、これはどういう状況かというと、any circumstances つまり、どんな状況においても No deal Brexit 合意無き離脱は嫌よという人が

大橋)要するにEUとちゃんと話し合って、ちゃんと条件決めて離脱しましょうっていうことですね、はい。

西原)で、次が3月29日までに No deal Brexitはしたくないというのが、これも否決されているんですが、これは通常通りというか43票差があって、まあこれは予想通りということですね。
びっくりしたのは No deal Brexitが否決されたのがany circumstancesというやつなんです。
ということは。どんな環境下においても、合意無き離脱は嫌よというのが否決されているので、
基本的には今日から状況が変わっています。

3月13日以前は合意無きマーケットの選択肢としては合意なきブレグジット、もしくは合意があるブレグジットという2択だったんですね。
No deal Brexitの可能性もあった。

で、今日any circumstancesで否決されているので、今日からどういう選択肢があるかというと合意あるブレグジットもしくはNo Brexitつまりブレグジットが消滅する。
いわゆる再国民投票で、ブレグジットはしないという可能性が出てきているということですね。

大橋)つまり、何かしら合意するという形でちゃんと理路整然とブレグジットしましょう、ということを議会は選んだということですよね。

西原)そうですね、それかもしくはブレグジットがNo Brexit

大橋)再国民投票どちらか、はい、ということなので、リスクはまあ無いということで安心感からポンドが少し変われるということがありましたら

西原)無いとは言わないですけどね。

大橋)これ、EU側が反対したら、わからないってことがあるということですよね。

西原)基本的にはEUは同じように No deal Brexitは嫌なので賛成するはずで延長に
イエスボートするはずなんですが、もういい加減にしてくれよって言うのもある。

仮に延長に合意しないと、期限までに何らかの離脱線を決めて、採決を取らなければいけないんですが、間に合わないと、アクシデンタリーに No deal Brexitになる可能性があるということですね。

だからNo deal Brexitの可能性もゼロではない。

大橋)ゼロではない、で、EU側の反応待ちということですね。
ではポンドがどうこれから推移する可能性があるのか。

西原)これは今週も色んなニュースがあるんですが、先週月足でご紹介したんですが

ポンドの週足をデマークで簡単に申し上げます。
ダウントレンドの時に9-13-9という数字がついて、1月3日に行って244してボトムアウトして反発に転じています。

大橋)13付いてるから

西原)それは9-13-9でひと相場が終わり。
1月3日にボトムアウトして、月足に続いて週足もボトムアウトしていると。
で、今度ポンド円はこれは日足になりますけども、ポンド円は先週週足をご紹介したんですが、

日足だと先週上昇トレンドが一旦トップアウトして、9-13-9がトップアウトして1回反落しています。
ポンド円なんで、結構大きいんですが、4.5円落ちて、それはまた今週全部戻している。
148円の50銭位でちょっとそこがなかなか抜けていないと。
かといってここは150円抜いてしまうと、完全に上昇トレンドに戻ってしまうというところなので、ちょっとまあ微妙なところに位置しているということですね。

大橋)微妙だということはどういうことですか?

西原)このままポンドの、No deal Brexitの可能性が無くなって、国際国民投票の方に流れが進むと、ポンドが150円を超えると、大きく値を飛んで、上昇する可能性があるということですね。

大橋)あるということで、西原さん基本的に強気のままということで、良い押し目があったら拾いたいかなと。

西原)そうです。今イベント色々あるので、完全にリスクを計算しながらやってるんですが、流れとしてはまだ上昇トレンドだと思っています。

大橋)はい、以上、西原宏一の視点でした。

 

この後の大橋さん・西原さんのトークは
以下動画アーカイブ、radikoから、どうぞご覧ください。

動画アーカイブ

https://www.youtube.com/channel/UCLhjaz_j5zgylcilm_aCzTQ

radiko
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190314213000

■今週来週の為替スケジュールはこちら

■番組情報
「集まれトレーダーシンプルFXトレード」
放送日時
ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 21:30~22:00
出演者
パーソナリティ:西原宏一
MC:大橋ひろこ

過去放送
YouTubeライブ配信開始しました!
聞き逃した方も、オンデマンドでどうぞ!
https://www.youtube.com/channel/UCLhjaz_j5zgylcilm_aCzTQ

聞き逃してしまった方はこちら(radiko)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190314213000

Twitter
ラジオ番組「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」 Twitter
https://twitter.com/rn_simplefx

西原宏一メルマガ シンプルFX Twitter
https://twitter.com/fpnet_nishihara

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る