はじめに

この物語は外国為替相場と同時進行で描く、
ひとりの為替ディーラーの奮戦記である。

業績回復、行内の派閥争い、
そして顧客企業との揉め事など、
次々と難題が主人公・仙崎了に降り懸かる。

烈々と動く市場の中で、
如何に難題向き合って行くのか。

彼の相場予測を交えながら、
物語は展開していく。

注:
物語が外国為替市場を取り扱う関係上、
FRBなどの公的機関やそこに帰属する要人など、
実在する機関や人物が登場することがある。

ただ、そうした機関に帰属しながらも、
単に主人公と個人的に親交のある人物はその限りでない。

また、仮に物語に記された私的企業名や人物名が実在する場合があったとしても、
それは単なる偶然に過ぎない。

**前振り**
メジャー・バンク一つである東京国際銀行の為替ディーラー仙崎了は7年半前の11月、
大手生命保険会社とのディールで一億円の損失を出してしまった。

それ以来、
不調の波に襲われ出した彼はいつしかカバー以外のディールに手を出さなくなっていく。

そんな彼を救ったのが部長の東城だった。

東城は彼にニューヨーク支店の転勤と、
支店在籍のままコロンビア大学MBAへの留学を命じる。

「お前は一流のディーラーになれる資質を持っている。

 ここで、お前を潰すわけにはいかない。

 この3年間の功績に対する褒美だと思って、あっちで少し勉強してこい。

 きっと将来、お前自身と我行の役に立つ。」と励ました。

東城の自分への深い気遣いに、
仙崎は「はい。」と応えるのがやっとだった。

コロンビア大学でMBAを取得し終えた仙崎に、
ニューヨーク支店トレジャリー部門外国為替課マネージャーのポジションが与えられた。

支店在勤中の彼の業績は目覚ましく、
その名は世界中に知れ渡るほどになっていた。

そうしたなか、
国際金融本部長兼執行役員に上っていた東城から帰国命令が下った。

「お前のお蔭で、支店の収益も安定してきたようだな。

 そこを卒業して、こっちに戻ってこい。

 外国為替課をお前に任せる。」

「了解しました。」と返しながら、
姿の見えない東城に頭を深々と下げた。

2017年5月のことである。